千葉県の引越業者 タカラ引越センターは引越のお見積、引越作業、引越に伴う作業を格安でお引受けいたします

タカラ引越センター 

HOME»  消火訓練

消火訓練

水での消火訓練

(出典)自治省消防庁「自主防災組織の活動体制等の整備に関する
                        調査研究報告書」 (平成8年3月)

消火には燃焼物の除去する「除去消火法」、酸素を断ち切る「窒息消火法」温度
を下げる「冷却消火法」があります。

 ①三角消火バケツは、内部が幾つかの部屋に分かれています。放水は何回か
  に分け実施して下さい。入れる水量は60%程にしましょう。
 ②水バケツの消火は、バケツリレーで実施します。消火する物に向かい2列に
  並びノコギリ刃の様に並んで、バケツリレーを行ないましょう。


 ③バケツの手渡しは、渡す人がバケツの取っ手部分を持っている時は受取る
   人はバケツの柄の部分を持って受取ります。
 ④水パックは、ポリプレン製の袋で作られています。袋は約700ccの水が入
   ります。破れ易いので注意して消火しましょう。


訓練の手順
 ① 「火事だー」と叫ぶ、または「鍋」等を叩く(集会所での訓練時は割愛)。
 ② 近くの人に119番に通報(火災場所、火災状況、通報者の名前)依頼する。
 ③ 貯水タンクからバケツに水を汲み、バケツリレーを開始する。
 ④ 火元から三角バケツは2~3m離れた所から、通常のバケツは4~5m離れた所から、バケツリレーの水を火元にかけます。
 ⑤ 空バケツは、空バケツ運搬係が運搬します。
 ⑥ 延焼する物にも、水をかけて下さい。
 ⑦ 「火の勢いが」小さくなるか、大きくなるかを判断してください。
 ⑧ 大きくなる時(天井に届く時)は、その場から離れ、避難してください。

    (注)室内での消火は、出口を確認し背中を出口側に向け消火する

消火器による消化訓練

(出典)自治省消防庁「自主防災組織の活動体制等の整備に関する
                             調査研究報告書」(平成8年3月)



















訓練の手順
 ① 「火事だー」と叫ぶ、または「鍋」等を叩きましょう(集会所での訓練時は割愛)
 ② 近くの人に119番に通報(火災場所、火災状況、通報者の名前)依頼して下さい。
 ③ 消火係りは火元から4~5m離れた所で低い姿勢で消火器を構えて下さい。
 ④ レバーを引き(ピンを抜く消火器も有ります)消火を開始して下さい。(消火器の放射時間は12~15秒)
 ⑤ 延焼する物にも、延焼しないように消化剤をかけて下さい。
 ⑥ 「火の勢いが」小さくなるか、大きくなるか判断して下さい。
 ⑦ 大きくなる時(天井に届く時)は、その場から離れ避難して下さい。
 ⑧ 粉末消火器はい一旦消えた様に見えても再び燃え上がる事があります、水等で完全に消火して下さい。
 ⑨ 炎が天井に届いたらフラッシュオーバーの危険が有ります。外に逃げて下ださい、窓・ドアーを閉め空気を遮断し粉末消火剤
    を隙間から放射します。

  (注)室内での消火は、出口を確認し背中を出口側に向け消火する室内で粉末消火器を使うと視界が悪くなりますので
     注意して下さい。

軽可搬消防ポンプによる消化訓練

(出典)自治省消防庁「自主防災組織の活動体制等の整備に関する
                                                                           調査研究報告書」(平成8年3月)

消火用水は
  消火用水は出来るだけ火元に近い場所に設置します、強風の時は
  風上に設置しましょう。ポンプと用水の水面の高さはC級ポンプで
  7mまでです。D級ポンプで4mまでです。
ホースは
  道路・建物の曲がり角では大きく曲げ「折れ」「ねじれ」「引きずり」に
  注意する、ホースとホースの接続は漏水しない様にキッチリと締めて
  下さい。
送水は
  放水は安全確認後、「放水開始」の合図で放水して下さい、放水
  コックは筒先の反動を考え少しづつ徐々に開きましょう。
ポンプ1台あたりの操作要員
  2人消火 1人:ポンプ側(吸管投入・エンジン始動・送水・停止)
                  1人:筒先側 (ホース延長・筒先保持・指揮者・連絡
                         員)
  3人消火 1人:ポンプ側(吸管投入・エンジン始動・送水・停止)
                  2人:筒先側 (ホース延長・筒先保持・指揮者・連絡
                         員)


訓練の手順
  ① 軽可搬ポンプと貯水タンクを計画書に基づき設置して下さい。
  ② 消火栓から貯水タンクに水を貯めましょう。
  ③ 軽可搬ポンプは、足を出しポンプ固定して下さい。
  ④ 軽可搬ポンプに吸管ホースを取り付けます、吸管ホースの先端を貯水タンクに入れて下さい。
  ⑤ 放水口に放水ホースを取り付けて下さい。放水ホースの先端を持ち火元近くまで伸ばします。最終ホースの先端に筒先を
    取り付けて下さい。
  ⑥ エンジンを駆け、吸水レバーを操作します。放水ハンドルを回し消火を開始して下さい。
  ⑦ 風に煽られない様に消火して下さい。
  ⑧ 延焼する物にも、延焼しないように水をかけて下さい。

    (注)訓練者はくれぐれも怪我のない様に訓練して下さい。