千葉県の引越業者 タカラ引越センターは引越のお見積、引越作業、引越に伴う作業を格安でお引受けいたします

タカラ引越センター 

rss

HOME»  心肺停止での蘇生

心肺停止での蘇生処置

  倒れている負傷者が心肺停止状態の時に、実施する応急手当です。
  負傷者の状況では、既に蘇生処置も無意味の場合も有ります。でも死の淵をさ迷っている負傷者もいます、外見だけで
  判断せず勇気を出し蘇生処置を試みて下さい。

  意識が戻っても戻らなくても「最後は医師の判断」となります。



 

心肺停止での蘇生 (全体の流れ)

心肺停止での蘇生流れ

AEDを使って心肺停止状態の人を救助しましょう。AEDは
倒れている人の心臓が心室細動(心臓の筋肉がバラバラ
に収縮)状態を判断し電気ショックが必要とした時、電気
ショックを与え心臓の動きを止める機器です。
心室細動状態のまま「心臓マッサージと人工呼吸」を行
っても助かりません、一度心臓を止め心臓の回復処置を
行う事をお進めいたします。
心臓マッサージでは成人、小児および乳児では処置方法
が違います、傷病者に合った蘇生方法を選んで下さい。
また、胸部のケガおよび装着物の排除も鑑みて実施して
下さい。
人工呼吸では成人および小児は口対口、乳児は口対口
鼻で行って下さい。くれぐれも呼吸の入れ過ぎは、しない
で下さい。
胸部の確認では、胸部怪我、ペンダント装着、ペースメー
カ装着等の有無等でAED電極パットの貼る位置が違いま
す、最良の位置にパットを貼って下さい。


応急手当の手順
  ①倒れている人を見つけたら「意識の確認」を行って下さい。
  ②意識が無い時は「近くの人にお医者さんを探して下さい」と「AEDの準備」をお願いして下さい。
  ③傷病者の「呼吸を確認」を行って下さい。
  ④呼吸が無い時は、上半身の服を脱がせ「胸部の確認」を行って下さい。
  ⑤傷病者の顔を見ながら「心臓マッサージ」を行って下さい。
  ⑥傷病者の顔を見ながら「人工呼吸」を行って下さい。
  ⑦AEDが到着した時は、AEDによる検査を実施して下さい。
  ⑧意識が戻るか救急車来るまで、⑤~⑦を繰り返し実施して下さい。
  ⑨意識が戻ったら回復体位にさせ救急車または医師の到着を待ちます。(右の図)
  ⑩医師に傷病者の容態と行った処置を伝えましょう。




 

蘇生は時間との戦い

緊急振興財団発行「応急手当講習テキスト」から引用

 

   心肺蘇生で使える時間は左図の通りです。

   心臓が停止して3分で生存率が50%です、6分後には生存率は
   限りなく0%に近づきます。

   心肺停止の負傷者を救えるのは貴方だけです、消防が到着する
   時間(到着全国:6~8分)では救える確立が非常に低くなります。






 

気道の確保

気道の確保

  気道閉塞、無呼吸の診断
  倒れている人で、呼びかけや軽く叩く等の刺激に反応しなければ、
  先ず呼吸が有るか確認する。
  診断者は顔を患者の胸に向け、耳を患者の口と鼻に向け呼吸を
  確認する。
  呼吸音に雑音が有る時は部分的閉塞が発生している事が多い。
  完全に閉塞または無呼吸の場合は、胸郭(きょうかく)の動きが無い
  、気道閉塞の原因には「口腔内に吐物や血液が充満」と「意識障害
  からの舌根沈下」が考えられる。
  舌根沈下以外に喉頭蓋による気道閉鎖が考えられる、喉頭蓋が食
  道に向けて開いてるケースである、此のケースの処置は医師にゆ
  だねる。


 

 
  口腔内の異物除去
    口を開けて、吐物や血液などが有る場合は、体を横に傾け、人差指にハンカチを巻き口の中に入れ
    異物を取り除いて下さい。





  舌根沈下の処置
    舌根沈下の対処法には「頭部後屈法」「頣部拳上法」「下顎拳上法」「昏睡体位」で対処する。

 


  ①頭部後屈法
    ・ 救護者は非利き手が前額部に置ける位置に座りましょう。
    ・ 利き手の人さし指と中指をアゴの下に入れます。
    ・ 非利き手で頭部を後屈させ、利き手でアゴを持ち上げましょう。


 

  ②下顎拳上法
     ・ 救護者は傷病者の頭の前で膝を着く様に座ります。
     ・ 救護者の両手で、傷病者のアゴを親指を除く四本の指で掴みます。
     ・ 救護者は掴んだアゴを真上持ち上げます。
   
   
 

  ③昏睡体位
    患者のどちらでもよいから側臥位とし、下顎を前に出し、上側のヒジとヒザを軽く曲げ、体が後ろに倒れ
    ないようにした姿勢である。
    舌根沈下による窒息ばかりではなく、吐物の誤嚥を防止します。
 

出生直後~一歳未満児の蘇生

0歳児の蘇生

蘇生のキーポイント
  ①人工呼吸は「口と鼻」に同時に吹き込みます。
  ②AEDの電極パットは胸と背中に貼ります。
  ③圧迫位置は乳房と乳房の中間です。
  ④圧迫は利き手の中指と薬指でします。


救助の想定
  ①傷病者 0才 女の子 意識なし
  ②訓練で使用する装置 AED(蓋に電源スイッチ有り)、キュー
   マスク、乳児の傷病者人形







蘇生の実戦訓練
  ①傷病者の発見から意識確認のシーン
    ・花子を指差し、「花子が大変だ」と叫ぶ
    ・花子の回りを見渡し、「安全OK」と叫ぶ
    ・花子を抱え「大丈夫か、大丈夫か」と叫ぶ
    ・花子反応せず 意識なしと判断

 ②助けを呼ぶシーン
    ・家族に、「花子が大変だ、皆来て」と叫ぶ
    ・お兄ちゃんに、「お兄ちゃん、119番に電話して」と叫ぶ「0才の赤ちゃん、女の子、意識なしと伝えて」と叫ぶ
    ・お兄ちゃん「分かった」と叫ぶ、通信指令員に「救急です、0才の女の子、意識なし、場所は稲毛区長沼原町ファミリマート横、
    私は○○太郎」と伝えます
    ・お姉ちゃんに、「お姉ちゃん、郵便局からAEDを持って来て」と叫ぶ
    ・お姉ちゃん「分かった」と叫ぶ、その後AEDを持つ

 ③傷病者の呼吸確認のシーン
    ・花子の胸や腹部を10秒間見て、動きなし、「普段の呼吸なし」と叫ぶ

   (注)死戦期呼吸(シャクリ上げや鯉のパクの様)で呼吸で呼吸有りと判断しない事

 ④傷病者胸部確認のシーン
   ・花子をお風呂で頭を洗う要領で持って下さい、非利き手は花子の後頭部を持ち、お尻と足は膝の上に乗せる、頭の手は
    呼吸がし易くする。
    ・花子の胸部および背部に、怪我が無いか確認する

 ⑤心臓マッサージ(胸骨圧迫)のシーン(右利き)
    ・利き手の人指指を圧迫位置(乳首と乳首の中間)に当てて下さい。
    ・利き手の中指と薬指を胸に当てて下さい、人指指を持ち上げ中指と薬指だけ花子の胸に当てた状態となります
    ・優しく胸部圧迫します、圧迫の深さは傷病者の胸厚1/3です
    ・傷病者の顔を見て、30回 胸骨圧迫を行って下さい

    (注)圧迫間隔は「出生直後の乳児は120回/分」「1歳未満は100回/分」程度です、押し戻しが完全か確認する
    (注)意識が戻った時は⑨の回復体位に進む

 ⑥人工呼吸のシーン
    ・キューマスクを、傷病者の口に付けましょう
    ・傷病者の、オデコを左手で押さえ、右手でアゴを軽く持ち上げ、気道の確保を行なって下さい
    ・気道確保したまま
    ・口を花子の口と鼻に当てます、吹き込む呼吸が漏れない様に大きく当てる
    ・出生直後の乳児は吹き込み時間は1秒で2回、1歳未満は1.5秒で2回吹き込む、この時胸の脹らみを目で確認します
    ・口をパッと離し、胸の戻りを確認します
    ・吹き込みは2回にして下さい、入れる息が少ない(胸の脹らみ)時も2回までです

    (注)乳児は内臓が未発達の為、呼吸は少なめに、腹が脹らむのは、吹き込む息が強すぎです
    (注)意識が戻った時は⑨の回復体位に進む

 ⑦AED設定のシーン(最初の一回だけ実施)
    ・お姉さん「AEDを持ってきました」と言う
    ・お姉さんに「貴方、AEDが使えますか」と言う
    ・お姉さん「使えません」と言う
    ・「では私の右横に、AEDを置いて下さい」と言う
    ・お姉さんAEDを置く
    ・赤ちゃんの胸部が濡れていないか確認、濡れている時はタオルで拭く
    ・赤ちゃんの胸部に貼り薬が貼ってないか確認、ある時は剥がす
    ・赤ちゃんの胸に金属類が無いか確認する、有るときは外す
    ・AEDを開き電源スイッチを入れる
    ・電極パットを怪我を避け、心臓を挟む様に胸と背中に貼って下さい
    ・電極パットのコネクターをAED本体に付けます

 ⑧AED作動のシーン
    ・「心電図の解析をしています」と言う 
    ・「電気ショックが必要です」「皆さん離れて下さい」「充電しています」
    ・「充電終わりました」「点滅しているショックボタンを押して下さい」
    ・周りの人に「皆さん離れて下さい」と言う、ショックボタンを押す
    ・「電気ショックが終わりました」「体に触れても大丈夫です」「ただちに胸骨圧迫を行なって下さい」
    ・⑤⑥をAEDのアナウンスまたは救急隊が来るまで続けます、AEDのアナウンスが有った時は⑧を実施し⑤⑥を続ける

    (注)⑤または⑥を行っている時、傷病者の意識が戻った時は次の回復体位をとらせます

 ⑨回復体位のシーン
   ・AEDの装着を外して下さい。AEDの電源も切って下さい。
   ・少し花子の様子を見て動かせる状態に成ったら病院に運び医師の診断を受けて下さい。

1歳以上~8歳での蘇生

8歳児までの蘇生

蘇生のキーポイント
  ①人工呼吸は「口対口」で鼻摘み状態で吹き込みます。
  ②AEDの電極パットは肩と横腹に貼ります。
  ③圧迫位置は剣状突起の根元から指2本上に利き手の平を当てます。
  ④圧迫は利き手片方で行ないます。

救助の想定
  ①傷病者 3才 男の子 意識なし
  ②訓練で使用する装置 AED(蓋に電源スイッチ無し)、キュー
   マスク、小児人形







蘇生の実戦訓練
  ①傷病者の発見から意識確認のシーン
   ・傷病者を指差し、「傷病者(倒れている人)発見」と叫ぶ
   ・傷病者の回り見渡し、「安全OK」と叫ぶ
   ・傷病者の右横に中腰で座り、傷病者の耳元で「大丈夫ですか」と叫ぶ、反応が無い時は肩を軽く叩き「大丈夫ですか」と叫ぶ
   ・上の動作を2回実施 傷病者は反応せず 意識なしと判断

  ②助けを呼ぶシーン
   ・回り見渡し、「人が倒れています、誰か来て下さい」と叫ぶ
   ・一人の人を指差し、「そこの黄色い服を着た人、119番に電話して下さい」「傷病者は3才の男の子、意識なしと伝えて
    下さい」と叫ぶ
   ・「分かりました」と叫ぶ、通信指令員に「救急です、3才の男の子、意識なし、場所は稲毛区長沼原町 ファミリマート横、
    私は○○太郎」と伝えます
   ・一人の人を指差し、「そこの赤い服を着た人、AEDを探して来て下さい」と叫ぶ
   ・「分かりました」と叫ぶ、その後AEDを持つ

  ③傷病者の呼吸確認のシーン
   ・傷病者の顔の上から胸と腹部を10秒間見る、傷病者呼吸なしと判断、「普段の呼吸なし」と叫ぶ

    (注)死戦期呼吸(シャクリ上げや鯉のパクパクの様)で呼吸有りと判断しない事

  ④傷病者胸部確認のシーン
   ・傷病者の全体を見て、上半身に着ている服を脱がせる。
   ・傷病者の胸部および背部に、怪我が無いか確認する

  ⑤心臓マッサージ(胸骨圧迫)のシーン
   ・傷病者の横で両ヒザと腰を三角形の形にして、体を安定させて下さい
   ・圧迫位置(右肋骨と左肋骨の谷間、剣状突起の根元から指2本上)の確認します
   ・左手を傷病者のオデコに軽く当てる(マッサージでは左手は使わない為)
   ・右手の手の掌を圧迫位置に置きます
   ・右手だけの動作になります、傷病者の真上、安定した姿勢をとって下さい
   ・体重を傷病者にかけ胸部圧迫します。圧迫の深さは傷病者の胸厚1/3です
   ・傷病者の顔を見て、30回 胸骨圧迫を行って下さい。18秒で終わらせる

    (注)圧迫間隔は1分間に100回程度です、押し戻しが完全にして下さい
    (注)圧迫位置が違うと肋骨が折れます、圧迫位置を正しい位置にして下さい。肋骨は折れても作業を続けて下さい。
    (注)意識が戻った時は⑩の回復体位に進む

  ⑥人工呼吸のシーン
   ・キューマスクを、傷病者の口に付けましょう
   ・傷病者の、オデコを左手で押さえ、右手でアゴを軽く持ち上げ、気道の確保を行なって下さい
   ・気道確保したまま、鼻をつまみます
   ・口をキューマスクの上に当てます。吹き込む呼吸が漏れない様に大きく当ましょう
   ・息を1秒かけて1回吹き込む、この時胸の脹らみを確認します
   ・口をパッと離し、鼻をつまんだ指を離す、胸の戻りを確認します
   ・吹き込みは2回にして下さい、入れる息が少ない時も2回までです

    (注)腹が脹らむのは、吹き込む息が強すぎです
    (注)意識が戻った時は⑩の回復体位に進む

  ⑦AED設定のシーン(最初の一回だけ実施)
   ・「AEDを持ってきました」と言う
   ・協力者Bに「貴方、AEDが使えますか」と言う
   ・「使えません」と言う
   ・「では私の右横に、AEDを置いて下さい」と言う
   ・AEDを置く
   ・傷病者の胸部が濡れていないか確認、濡れている時はタオルで拭く
   ・傷病者の胸部に貼り薬が貼ってないか確認、ある時は剥がす
   ・傷病者がペースメーカを使っていないか、確認する
   ・AEDを開き電源スイッチを入れる
   ・電極パットを怪我およびペースメーカを避け、心臓を挟む様に貼って下さい
   ・電極パットのコネクターをAED本体に付けます

  ⑧AED作動のシーン
   ・「心電図の解析をしています」と言う
   ・「電気ショックが必要です」「皆さん離れて下さい」「充電しています」
   ・「充電終わりました」「点滅しているショックボタンを押して下さい」
   ・周りの人に「皆さん離れて下さい」と言う、ショックボタンを押す
   ・「電気ショックが終わりました」「体に触れても大丈夫です」「ただちに胸骨圧迫を行なって下さい」
   ・⑤⑥をAEDのアナウンスまたは救急隊が来るまで続けます、AEDのアナウンスが有った時は⑧を実施し⑤⑥を続ける

    (注)⑤または⑥を行っている時、傷病者の意識が戻った時は次の回復体位をとらせます

  ⑨回復体位のシーン
   ・AEDの装着を外して下さい。AEDの電源も切って下さい。
   ・傷病者の体を右下の横寝にして下さい
   ・傷病者の右腕は、前に伸ばします、更にヒジ45°上に曲げます(L字型)
   ・傷病者の右足は、真直ぐ下に伸ばします
   ・傷病者の左腕は、右アゴと床の間に差込ましょう
   ・傷病者の左足は、ヒザまで前にします、更に足首を下に伸ばします(逆L型)
    
   
   

  ⑩救急隊が来るまで蘇生作業または回復体位で異常が無いか観察します、救急隊員が到着したら行った処置および傷病者の
    様子をつたえましょう。

 

8歳以上~成人での蘇生

8歳以上での蘇生

蘇生のキーポイント
  ①人工呼吸は「口対口」で鼻摘み状態で吹き込みます。
  ②AEDの電極パットは肩と横腹に貼ります。
  ③圧迫位置は剣状突起の根元から指2本上に非利き手
   の手の平を当てます。
  ④圧迫は非利き手の上に利き手重ねて当てます、肩と
   圧迫位置はV字型にして下さい。


救助の想定
  ①傷病者 30才 女性 ネックレス装着 ワンピース姿 
  意識なし
  ②訓練で使用する装置 AED(蓋に電源スイッチ有り)、キュー
   マスク、成人の傷病者人形





蘇生の実戦訓練
  ①傷病者の発見から意識確認のシーン
    ・傷病者(倒れている人)を指差し、「傷病者発見」と叫ぶ
    ・傷病者の回り見渡し、「安全OK」と叫ぶ
    ・傷病者の右横に中腰で座り、傷病者の耳元で「大丈夫ですか」と叫ぶ、反応が無い時は肩を軽く叩き「大丈夫ですか」と叫ぶ
    ・上の動作を2回実施 傷病者は反応せず 意識なしと判断

 ②助けを呼ぶシーン
    ・傷病者の回り見渡し、「人が倒れています、誰か来て下さい」と叫ぶ
    ・一人の人を指差し、「そこの青い服を着た人、119番に電話して下さい」、「傷病者は30才女性、意識なしと伝えて
    下さい」と叫ぶ
    ・「分かりました」と叫ぶ、通信指令員に「救急です、30才の女性、意識なし、場所は稲毛区長沼原町ファミリマート横、
    私は○○太郎です」 と伝えます
    ・一人の人を指差し、「そこの赤い服を着た人、郵便局からAEDを持って来て下さい」と叫ぶ
    ・「分かりました」と叫ぶ、その後、準備したAEDを持つ

  ③傷病者の呼吸確認のシーン
    ・傷病者の顔の上から胸と腹部を10秒間見る、傷病者呼吸なしと判断、「普段の呼吸なし」と叫ぶ

    (注)死戦期呼吸(シャクリ上げや鯉のパクの様)で呼吸有りと判断しない事

  ④傷病者胸部確認のシーン
    ・傷病者の全体を見て、ワンピースを足元から頭に向かって脱がせる。
    ・傷病者の首から架かっているネックレスを外し、傷病者の顔の横に置く
    ・傷病者の胸部および背部に、怪我が無いか確認する

  ⑤心臓マッサージ(胸骨圧迫)のシーン
    ・傷病者の横で両ヒザと腰を三角形の形にして、体を安定させて下さい
    ・圧迫位置(右肋骨と左肋骨の谷間、剣状突起の根元から指2本上)の確認します
    ・非利き手の手の平を、圧迫位置に当てます
    ・利き手の手の平を非利き手の上に重ね、右手の指を互いに組みます
    ・両腕が曲がらない様に、傷病者の真上に姿勢をとって下さい
    ・体重を傷病者にかけ胸部圧迫します、圧迫の深さは5㎝が目安です
    ・傷病者の顔を見て、30回 胸骨圧迫を行って下さい、18秒で終わらせる

     (注)圧迫間隔は1分間に100回程度です、押し戻しが完全にして下さい
     (注)圧迫位置が肋骨が折れます、圧迫位置を正しい位置にして下さい、肋骨は折れても作業を続けて下さい。
    (注)意識が戻った時は⑩の回復体位に進む

  ⑥人工呼吸のシーン
    ・キューマスクを、傷病者の口に付けましょう
    ・傷病者の、オデコを左手で押さえ、右手でアゴを軽く持ち上げ、気道の確保を行なって下さい
    ・気道確保したまま、鼻をつまみます
    ・口をキューマスクの上に当てます、吹き込む呼吸が漏れない様に大きく当てる
    ・息を1秒かけて1回吹き込む、この時、胸の脹らみを確します
    ・口をパッと離し、鼻をつまんだ指を離す、胸の戻りを確認します
    ・吹き込みは2回にして下さい、入れる息が少ない時も2回までです

    (注)腹が脹らむのは、吹き込む息が強すぎです
    (注)意識が戻った時は⑩の回復体位に進む

  ⑦AED設定のシーン(最初の一回だけ実施)
    ・「AEDを持ってきました」と言う
    ・協力者Bに「貴方、AEDが使えますか」と言う
    ・「使えません」と言う
    ・「では私の右横に、AEDを置いて下さい」と言う
    ・AEDを置く
    ・傷病者の胸部が濡れていないか確認、濡れている時はタオルで拭く
    ・傷病者の胸部に貼り薬が貼ってないか確認、ある時は剥がす
    ・傷病者がペースメーカを使っていないか、確認する
    ・AEDを開き電源スイッチを入れる
    ・電極パットを怪我およびペースメーカを避け、心臓を挟む様に貼って下さい
    ・電極パットのコネクターをAED本体に付けます

  ⑧AED作動のシーン
    ・「心電図の解析をしています」と言う
    ・「電気ショックが必要です」「皆さん離れて下さい」「充電しています」
    ・「充電終わりました」「点滅しているショックボタンを押して下さい」
    ・周りの人に「皆さん離れて下さい」と言う、ショックボタンを押す
    ・「電気ショックが終わりました」「体に触れても大丈夫です」「ただちに胸骨圧迫を行なって下さい」
    ・⑤⑧をAEDのアナウンスまたは救急隊が来るまで続けます、AEDのアナウンスが有った時は⑧を実施し⑤⑥を続ける

    (注)⑤または⑥を行っている時、傷病者の意識が戻った時は次の回復体位をとらせます

  ⑨回復体位のシーン
   ・AEDの装着を外して下さい。AEDの電源も切って下さい。
   ・傷病者の体を右下の横寝にして下さい
   ・傷病者の右腕は、前に伸ばします、更にヒジ45°上に曲げます(L字型)
   ・傷病者の右足は、真直ぐ下に伸ばします
   ・傷病者の左腕は、右アゴと床の間に差込ましょう
   ・傷病者の左足は、ヒザまで前にします、更に足首を下に伸ばします(逆L型)

  ⑩救急隊が来るまで蘇生作業または回復体位で異常が無いか観察します、救急隊員が到着したら行った処置および傷病者の
   様子をつたえましょう。