千葉県の引越業者 タカラ引越センターは引越のお見積、引越作業、引越に伴う作業を格安でお引受けいたします

タカラ引越センター 

rss

HOME»  骨折・捻挫・脱臼での応急手当

骨折、捻挫、脱臼


骨折骨折、捻挫、脱臼の見分け方
  骨折、捻挫、脱臼は、次の症状で見分ける事が出来ます。

  骨折の症状
    ① 本来、動かない方向に動く。
    ② 患部を動かすと骨の擦れ合う音がする。
    ③ 本来、真直ぐな骨が途中からズレタ形になっている。
    ④ 患部に触れると、強い痛みがある。

  脱臼の症状
    ① 患部は関節である。
    ② 脱臼すると、脱臼後の位置が正常な位置と体が認識し、本来の位置に戻どそうとしても脱臼後の位置に戻って
       しまう。
    ③ 脱臼は安静な状態にいても、痛みが取れない。

  捻挫(突指も含む)の症状
    ① 患部は関節である。
    ② 症状は靭帯の損傷に現れる、靭帯が切れると関節が不安定な状態になります、軽い症状では痛みも軽く暫く安静に
       する事で復帰します。
 

骨折・捻挫・脱臼の基本的処置

  骨折した時の処置
    ① キズや出血がある場合、先にその手当を行ないましょう。
    ② 患部に副木をあて包帯等で固定しましょう。
    ③ 三角巾や大きめのスカーフ等で更に固定します。
    ④ 固定する物としては、布、カーテン、テープ、包帯等があります。
    ⑤ 医師の診断を受けましょう。

  脱臼した時の処置
    ① 患部に副木をあてた後、三角巾、布、スカーフ等で固定しましょう。
    ② 患部が腫れたり熱を持ったりした時は、氷のう等で患部を冷やします。
    ③ 医師の診断を受けましょう。

  捻挫した時の処置
    
    ① 患部を氷のう等で冷やしましょう。
    ② 冷湿布しましょう。
    ③ 患部に副木をあて包帯等で固定します。
    ④ 三角巾や大き目のスカーフで更に固定しましょう。
    ⑤ 医師の診断を受けましょう。

鎖骨の骨折

鎖骨の骨折

鎖骨の骨折では、骨折した側の腕を三角巾で固定します、三角巾が無い時は
大き目のスカーフまたはカーテンを切って首から吊る様に固定して下さい。
更に包帯等で体に固定します。

鎖骨の骨折処置
  ① 折れた鎖骨側の腕を折り曲げましょう。
  ② 首から三角巾等で①の腕を吊ります。  
  ③ 包帯かベルトで吊り下がった腕を体に固定します。
  ④ 医師の診断を受けましょう。

肘・腕の骨折

肘・腕の骨折
 

肘・腕の骨折
  肘の場合では、肘を保護する様に直角に副木を当てます、副木と肘を
  包帯で固定します、三角巾等を首から吊るし、その中に肘を包み込む
  様に肘を入れます。

  腕の場合では、腕の長さの副木を腕に当てます、副木と腕を包帯で
  固定します、三角巾等を首から吊るし、その中に腕を包み込む様に
  腕を入れます。






  肘の骨折の処置
    ① 副木(直角の形)を探しましょう。
    ② 肘に副木を当て包帯等で肘を固定します。
    ③ 三角巾等を探し、首から吊るします。
    ④ 骨折した肘を保護する様に、吊るした三角巾の中に肘を入れます。
    ⑤ 医師の診察を受けます。

  腕の骨折の処置
    ① 副木を探します。
    ② 腕に副木を当て包帯等で腕を固定します。
    ③ 三角巾等を探し、首から吊るします。
    ④ 骨折した腕を保護する様に、吊るした三角巾の中に腕を入れます。
    ⑤ 医師の診断を受けましょう。
 

上腕骨の骨折

上腕骨の骨折
 

上腕骨の骨折
  上腕骨の場合は、患部を副木を当て包帯等で固定します、三角巾等を
  首から吊るし固定した上腕を三角巾の中に入れ保護します。
  
  その後、体に包帯等で固定します。
  医師の診断を受けて下さい。

上腕の骨折の処置
  ① 副木を探します。
  ② 上腕に副木を当て包帯等で上腕を固定します。
  ③ 三角巾等を探し、首から吊るします。
  ④ 骨折した上腕を保護する様に、吊るした三角巾の中に上腕を
    入れます。
  ⑤ 医師の診断を受けましょう。

指・手のひらの骨折

指・手のひらの骨折

指の骨折
  骨折した指先を水道水等で、20分程冷やします、骨折した指と
  両隣の指を副木を当て包帯等で固定します。

手のひらの骨折
  骨折した手のひらを2枚の副木で挟みこむ、その上から包帯等
  で固定します。








指の骨折
  ① 骨折した指先を、水道の蛇口で20分程冷やします。
  ② 骨折した指と両隣の指に宛がう副木を探します。
  ③ 副木と指を包帯で固定します。
  ④ 医師の診断を受けて下さい。

手のひらの骨折
  ① 骨折した手のひらの大きさの副木を二枚探して下さい。
  ② 骨折した手のひらの上と下に副木を当て、その上から包帯を巻き手のひら
     を固定します。
  ③ 医師の診断を受けて下さい。

大腿骨・ひざの骨折

大腿骨・ひざの骨折

大腿骨の骨折
  大腿骨の骨折では、大腿骨から足のかがとまでの副木を準備します、副木は
  外側と内側の二枚準備します、副木を大腿骨を挟みこむ形で当てます、副木
  の上から包帯を巻き大腿骨を固定します。
  医師の診断を受けて下さい。

ひざの骨折
  ひざの骨折では、副木はひざの裏側にあてます、副木の上から包帯を巻き
  ひざを固定します。
  医師の診断を受けて下さい。





大腿骨の骨折
  ① 大腿骨を挟みこむ副木を二本探して下さい。
  ② 副木を大腿骨を挟む様に置きます。
  ③ 包帯で副木全体を巻きましょう。
  ④ 医師の診断を受けましょう。

ひざの骨折
  ① ひざの裏側に当てる副木を探しましょう。
  ② 副木をひざの裏側に当てましょう。
  ③ 副木とひざを包帯で巻きます。
  ④ 医師の診断を受けて下さい。

下あご・足指・足首の骨折

下あご・足指・足首の骨折

下あごの骨折
  下あごの骨折では、三角巾で頭からあごを包み込む様に縛りましょう、
  あごを固定するのに大き目の布、包帯も使うと便利です。

足指の骨折
  足指の骨折では、足首全体を固定しましょう、L字の副木を探しかがと
  から包み込む様に包帯で固定します。

足首の骨折
  足首の骨折では、足首全体を固定しましょう、ダンボール等で足首を包み
  込み込む様に包帯で固定します。




下あごの骨折
  ① 三角巾の真中を下あごに当てます、三角巾の結び目は頭の上にします。
  ② 包帯で三角巾が動かなくなる様に巻きましょう。
  ③ 医師の診断を受けましょう。

足指の骨折
  ① 脹脛からかがとを巻き足指を包み込むダンボールを探しましょう。
  ② ダンボールを脹脛からかがとを巻き足指を周り当てがえます。
  ③ ダンボールの上を、包帯で巻きます。
  ④ 医師の診断を受けましょう。

足首の骨折
  ① 足首全体を包み込むダンボールを探しましょう。
  ② ダンボールを足首全体を包み込みましょう。
  ③ ダンボールの上を、包帯で巻きます。
  ④ 医師の診断を受けましょう。